外壁塗装の施工事例

川崎市 外壁塗装 コーキング工事 屋根釘打ちコーキング補修

  • Before

  • After

担当からのコメント

S様邸は、パワーボード(ALC)で、パネル間に全てコーキングが入っており、新築時に現場吹付がされておりました。

S様はコーキング上の塗膜割れが気になってきたため弊社にお声掛けをしてくださいました。

コーキング上の塗膜割れではなく一部ではコーキング自体の破断が見られました。

早速、塗装に入る前に、外壁補修、コーキング工事に入りたいと思います。

コーキング上の塗膜割れがありましたので、増し打ちを行います。

空気が入らないように奥までしっかり打ち込み、綺麗に均していきます。

使用するコーキング剤はサイディング専用の低モジュラス性です。

テープで補強してあった窓周りのコーキングを打ち替えました。

既存のコーキングが少しでも残っていると、新しい物へ交換してもすぐに早期破断や剥がれの原因となってしまいます。

完全に乾く前にマスキングテープを剥がして、完成です。

コーキング工事が完了したら、まずは外壁全体を高圧洗浄で洗い流し、汚れやカビなどを綺麗に落としていきます。

洗浄が終わり、しっかりと乾いたことを確認し、まずは下塗り作業から入ります。

下塗りに使う塗料はパーフェクトサーフです。

きめが細かいので、上塗りの吸い込みが少なく、仕上がり感にすぐれ、美しい仕上がりが期待できます。

微弾性機能を有しているので、ヘヤクラックへの追従性があり、防藻・防かび機能も。

中塗りは、ダイヤモンドコートBS水性を使用し、塗りムラが無いよう、しっかりと膜厚を均一に付けながら塗布します。

そして最後にダイヤモンドコートGL水性クリヤーにて上塗りを行っていきます。

ダイヤモンドコートの特長の一つであるUVカットクリヤーコーティングをたっぷり塗布し、紫外線から塗膜を守り、長持ちさせます。

塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。

最後に屋根釘打ちコーキング補修では、古く固くなった既存のコーキングを撤去し、新たにコーキングで釘頭を塞ぎます。

コーキング処理をを行うことにより、この部分からの水の侵入を防ぐことが出来ます。

これらの作業工程を全て終え、今回の施工が完了しました。

施工内容外壁塗装 コーキング工事 屋根釘打ちコーキング補修
使用材料ダイヤモンドコートBSBS水性 パーフェクトサーフ ダイヤモンドコートGL水性クリヤー
工事日数14日間

神奈川県川崎市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社ハンズ
https://gaiso-reform.com/
住所:神奈川県川崎市宮前区東有馬5-17-3-1F

お問い合わせ窓口:050-7586-3609
(9:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:川崎市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiso-reform.com/case/
お客様の声 https://gaiso-reform.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://gaiso-reform.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiso-reform.com/contact/


川崎市の
施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

川崎市のお客様の声

もっと見る