外壁塗装の施工事例

ハンズで施工させて頂いた物件をご紹介いたします。
それぞれの施工実績により詳しい作業内容や写真がありますので、ぜひご参考にされてみてください。

  • 川崎市 外壁塗装 屋根塗装 屋根張り替え工事 ベランダ防水工事

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    築17年のM様邸。

    これまで1度も塗り替えを行っていないとの事で、事前調査にお伺いしました。

    モルタル外壁では塗膜に汚れが目立つ状態で、タイル壁には目地の亀裂や割れが発生し、塗膜の撥水性能が低下している様子でした。

    タイル壁は、サッシの角から亀裂が生じており、目地が割れていました。

    タイルの柄を生かすため、タイル専用の透明な塗料を使用しますので、補修しないと亀裂が残ってしまいます。

    こちらは目地打ち替え、補修後の塗装をご提案しました。

    屋根はコロニアル瓦で、部分部分で破損が生じていたので、差し替え後の塗装をご提案しました。

    まずは屋根と外壁を洗浄していきます。

    洗浄して表面を綺麗にすれば、塗装した際の付着がより向上します。

    洗浄をしても残ってしまった汚れはケレンなどを使い、削って落としていきます。

    タイル壁には、専用の洗浄剤を塗り、ブラシで磨き、浮いた汚れを洗い流します。

    タイルには透明な塗料を塗るため、塗膜の内側に汚れが入らないように、出来る限り綺麗にします。

    亀裂の入った目地は、下塗り前にコーキングしておきます。

    タイル用クリヤー塗料のファイングラシィSiで塗装を重ねていきます。

    雨樋もケレンを使用し、汚れを落とした後に塗装しました。

    部分的に破損していたコロニアル瓦は差し替え工事を行いました。

    その後、下塗りを行い、水抜きの役割を果たしてくれるタスペーサーを差し込み、中塗りを行います。

    中塗りは下塗りと上塗りの間を取り持つとても重要な作業です。

    最後に上塗りを行っていきます。今回使用したのはサーモアイ4Fです。

    次に、モルタル壁側の塗装を行っています。

    下塗りがしっかり塗れていないと、どんな良い上塗り材もその効果が半減してしまいます。

    凹みに対して入れ込むように塗っていきます。

    屋根塗装と同じく、外壁の中塗りもしっかりと行い、最後に仕上げの上塗りを行っていきます。

    今回使用した塗料は、色あせしにくい高耐候性タイプの塗料で紫外線による塗膜の劣化や退色がしにくく、
    汚れにも強いジョリパットインフィニティです。

    タイルにはクリヤー塗料を使用し塗装しましたので、全体的には以前とあまり変化はないですが、モルタル壁を少し明るめの色に変えてみたことにより、すごく新鮮な雰囲気になりました。

    建物のデザインや形状によって、少し色を変えるだけですごく印象が変わってきます。

    最後にベランダの防水工事を完了させ、今回の施工が完了しました。

    この度はご利用頂きまして誠にありがとうございました。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 屋根張り替え工事 ベランダ防水工事
    使用材料ファイングラシィSi サーモアイ4F ジョリパットインフィニティ
    工事日数17日間
  • 川崎市 外壁塗装 コーキング工事 屋根塗装 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    A様より、当社ホームページを通じて外壁塗装工事のご依頼をいただきました。

    築11年、初めてのメンテナンスという事で、外壁にはチョーキングや、クラックなどが確認されました。

    塗装工事の実施時期を迎えているようですね。

    また屋根に関しましても経年での汚れ、表層の劣化が見られましたので同じく施工のご依頼を受けました。

    まずは外壁の汚れを高圧洗浄で汚れを落とし、ひび割れなどの補修工事から行いました。

    サイディング外壁における欠損やクラックは、塗装のみでは補修できず、弾性パテを使用し補修していく流れになります。

    まずは劣化した既存のコーキング材を撤去します。

    全ての既存コーキング材を撤去した後、新しくコーキング材を充填して打ち替えを行います。

    外壁補修が完了したら、素地強化のため専用の下塗り材をり塗布します。

    上塗りにはパーフェクトトップを使用しました。

    続いて屋根補修工事です。

    棟板金の結合部のコーキングに劣化が見られました。

    こちらも外壁同様に劣化した既存のコーキングを撤去し、新しくコーキング材を打ち替えます。

    釘頭は、コーキング処理をしないと、そこから再度水が進入し、再び劣化が始まってしまいます。

    しっかりと釘頭にもコーキング処理を行う事が、より長持ちするために大切な作業となります。

    その後、高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とし、下塗りを塗布してから上塗りを行いました。

    今回は仕上げにサーモアイSiで塗装をしました。

    付帯部の塗装を完了させ、最後に点検をして完成です。

    施工内容外壁塗装 コーキング工事 屋根塗装 付帯部塗装
    使用材料パーフェクトトップ サーモアイ Si
    工事日数17日間
  • 川崎市 外壁塗装 シーリング工事 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    築14年のS様邸の施工事例です。

    今回初めてのメンテナンスを検討されていたS様。

    施工前の事前点検では、シーリング材に硬化や収縮が確認され、打ち替えの必要性がある事が確認されました。

    事前点検を終え、施主様に自家用車の移動をお願いし、足場工事を行いました。

    サイディングの外壁塗装工事は、既存の劣化状況により、仕上がりが左右されます。

    今回、出隅という部分で剥がれている部分がありました。

    こちらに関しては、高圧洗浄を行う事により、もっと剥がれてしまいますので、事前に剥がれていた部分に塗装を行い、色を合わせておきました。

    今回使用した塗料は日本ペイントのUVプロテクト4Fクリヤーで、サイディングボード専用のフッ素樹脂配合クリヤーになります。

    サイディングボードの模様を、より長期間美しく保つことが可能な塗料です。

    こちらをウールローラーで下塗り、中塗り、上塗の3回塗りを行い、ベントキャップや雨樋などの附帯部も塗装をして、美観を向上させました。

    今回のようなクリヤー塗装の場合、シーリング工事は後施工となります。

    古くなったシーリング材の取り外し、マスキング後、密着性を高めるためプライマーを塗装します。

    新しいシーリング材の充填し、ヘラ押さえをして成型します。

    マスキングテープを剥がして完了です。

    サイディングボードの柄を生かした、クリヤー塗装、打ち替えたシーリング材や出隅なども、いい仕上がりで大変ご満足いただきました。

    施工内容外壁塗装 シーリング工事 付帯部塗装
    使用材料UVプロテクト4Fクリヤー
    工事日数10日間
  • 川崎市 外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    S様よりホームページから外壁塗装のご相談を頂きました。
    S様邸の外壁はサイディングボードで施工されていましたが、難付着のサイディングボードが用いられており、通常の下塗りでは上塗りが剥がれてしまい本来の密着力が発揮されない可能性があったため、専用の下塗り材を使用する必要がありました。
    サイディングボード目地のコーキングには、新築施工時にプライマーの塗布が不足していたため、界面剥離が確認されましたので、劣化していた既存のコーキング材を撤去し、プライマーを塗布してから新たにコーキング材を充填し、打ち替えを行いました。
    サイディングボードの一部には、クラックも発生していましたので、こちらはパテで補修しました。
    補修工事を終え、高圧洗浄を行い、外壁塗装に入っていきます。
    S様邸の外壁は難付着サイディングボードが使用されていたので、専用の下塗り材を塗布し、下塗りの後は、コケの繁殖を防いでくれるナノコンポジットW防藻+で塗装しました。
    屋根はコロニアル系屋根材のスレート瓦が採用されていました。
    S様邸の屋根材にはアスベストは含まれておらず、割れがひどくなってしまう場合もあるのですが、今回特に大きな割れもなく塗装のみで対応できる状態でした。
     棟板金のつなぎ目は正しい処理がされておらず、屋根を塗装する前にコーキング処理を行う必要がありました。
    まずは、高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とし、コーキング処理、補修が終わった後、塗装作業に入りました。
    仕上げに使用した塗料はファインパーフェクトベストです。
    軒天に関しても、特に大きな劣化などは見られませんでしたが、屋根部分が綺麗になった事により、微かな汚れも目立って来てしまいますので、塗装をしました。
    その他、付帯部塗装を終え、今回の施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事 付帯部塗装
    使用材料ナノコンポジットW防藻+ ファインパーフェクトベスト
    工事日数14日間
  • 川崎市 外壁塗装 シーリング工事 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    A様より、初めてのメンテナンスについてのご相談をいただきました。

    現状確認の点検に伺ったところ、シーリング材は硬化や収縮が確認され、打ち替えの必要性がある事がわかりました。

    工事初日、まずは足場を設置しました。

    お施主様には、自家用車の移動をお願いしました。

    今回、使用する塗料に関して、日本ペイントのUVプロテクト4Fクリヤー(サイディングボード専用のフッ素樹脂配合クリヤー)をご提案させていただいたのですが、クリヤーを塗装する際、既存の劣化状況に仕上がりが左右されることが問題になってきます。

    出隅という部分で剥がれている部分があることも確認されました(高圧洗浄でもっと剥がれてしまいます)ので、剥がれていた部分は塗装して色を合わせておきました。

    その後、ウールローラーで2回塗りしました。

    ベントキャップや雨樋などの附帯部も塗装をして、美観を向上させました。

    クリヤー塗装の場合、シーリング工事は後施工となります。

    まずは古くなったシーリング材の取り外し、マスキング後、密着性を高めるためプライマーを塗装します。

    新しいシーリング材を充填し、ヘラ押さえをして成型します。

    その後、マスキングテープを剥がして完了です。

    最後に足場を解体し、今回の施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 シーリング工事 付帯部塗装
    使用材料UVプロテクト4Fクリヤー
    工事日数10日間
  • 川崎市 外壁塗装 コーキング工事 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    新築時は真っ白で清潔感のあった外壁が、最近黒ずみ汚れが目立つようになってきたA様邸。

    今回弊社に、外壁塗装工事のご依頼をいただきました。

    全体的にくすんだ印象はあったものの、ひどい黒ずみ汚れ、というほどの状態ではありませんでした。

    ただ、北側の日当たりが悪い部分は、少々、外観を損なうくらいの汚れが見受けられました。

    当然ですが、外壁は日当たりの良い部分より悪い部分の方が汚れやすいので、北側も、まめにチェックしてみるのをおすすめしています。

    また、幕板の劣化も進行しており、塗膜が剥がれている箇所もありましたが、こちらに関しては塗膜が寿命を迎えているサインになります。

    施工初日、まずは足場を設置し、早速外壁全体の高圧洗浄を行いました。

    外壁に付着している汚れや砂ぼこりを、高圧洗浄機と呼ばれる機械で洗い流します。

    外壁に発生していた大まかな汚れは、このこの作業で大体きれいになりました。

    外壁に汚れが残ったまま塗装をすると、塗膜がうまく密着できず、塗料本来の寿命より短い年数で剥がれる事があります。

    塗料の耐久性を引き出すために、高圧洗浄が欠かせない作業となります。

    高圧洗浄を終え、コーキングの補修作業を行いました。

    こちらもサイディング外壁の塗装工事では必要不可欠な作業になります。

    まずは劣化しているコーキングを取り除き、新しいコーキングを定着させるための下塗り剤(コーキングプライマー)を塗りました。

    これにより、新しく打ち込むコーキングが剥がれにくくなります。

    その後、専用の道具を使い、新しいコーキング剤を注入し、表面をヘラで平たくならしたら、補修作業は終了です。

    コーキングの補修作業が完了し、外壁に対し「下塗り・中塗り・上塗り」と呼ばれる合計3回の重ね塗りを行いました。

    下塗り塗料には、上塗り塗料を外壁にしっかりくっつかせる役割があり、こちらも必要不可欠な作業となります。

    下塗り塗料が十分に乾いたことを確認し、2度目の中塗り、3度目の塗装作業となる上塗りを行います。

    外壁の他に塗装を要する“付帯部分”(雨戸や雨どいなど、外壁に付帯する部分)の塗装も無事に終了し、今回の前施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 コーキング工事 付帯部塗装
    使用材料パーフェクトトップ
    工事日数14日間
  • 川崎市 外壁塗装 屋根塗装 雨樋交換

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    H様より、ご依頼いただいた外壁リフォームの施工事例のご紹介です。

    タイル調のサイディング外壁であったため、これ以上外壁の劣化が進んでしまうと、補修が増えてしまい、結果として補修跡が目立ってしまうためこれ以上の先延ばしは難しい状況でした。

    紫外線劣化による破断の症状が見られ、コーキング機能が失われ始めていますので、まずは劣化したコーキングを撤去し新しいコーキングを打ち替えました。

    コーキング工事を完了させ、塗装に入る前に外壁全体を高圧洗浄し、細部の汚れやカビを洗い落としていきます。

    高圧洗浄を終え、外壁全体がしっかり乾いたことを確認し、いよいよ塗装に入っていきます。

    工程は、下塗り、中塗り、上塗りの三度塗りです。

    単色部は日本ペイントの高耐久塗料「ダイヤモンドコート」で塗装をし、タイル調部分はタイルの風合いを残すため「UVプロテクト4Fクリヤー」で塗装しました。

    屋根はノンアスベストの屋根材が採用されていましたが、H様邸のスレート材は強度があるもので割れが見られませんでした。

    高圧洗浄でしっかり汚れを除去してから「ファイン4Fベスト」で屋根塗装をしました。

    各付帯も大きな劣化はなく良い状態でしたので、高圧洗浄を行った後塗装を行いました。

    雨樋を交換し、最後に点検をして完成です。

    塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

    H様、今回の外壁塗装と屋根塗装工事では大変お世話になりました。

    アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて大変嬉しく思います。

    定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 雨樋交換
    使用材料ダイヤモンドコート UVプロテクト4Fクリヤー ファイン4Fベスト
    工事日数14日間
  • 川崎市 外壁塗装 屋根補修工事 屋根塗装 付帯塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    O様より外壁塗装のご依頼を頂きました。

    O様邸は数年前に、外壁リフォームを行った事があり、確認しました所、施工不良による大きな不具合はありませんでしたが、少々ですが、不具合な部分は所々見られましたので、その箇所を補修し、外壁、屋根塗装を行っていきたいと思います。

    O様邸の外壁はモルタル外壁で、コーナー部分にモルタルの剥落があり、下のラス網が露出していましたのでパテで補修を行いました。

    モルタルの外壁は「塗膜が膨れる」リスクがあります。
     
    湿気は外壁を通して逃げていきますが、塗料で被膜してしまうと湿気が逃げ道を失い塗膜を膨れさせてしまいます。
     
    今回、透湿性を最大限確保するためにインディフレッシュセラで塗装をしました。

    外壁塗装を終え、屋根塗装に入りますが、その前に補修工事を行っていきます。

    確認した所、経年の挙動で棟瓦を固定する釘が飛び出していました。

    釘の浮きは後々強風時に棟瓦が飛んでいってしまう原因になりますので釘の打ち込みを行い、釘頭にコーキング処理を行います。

    一度屋根塗装をされているとの事でしたが、前回の塗装では下塗りもきっちりされており、特に塗膜の剥がれは見られませんでした。
     
    屋根を塗装する際は、スレートとスレートの間に隙間を確保して、中に入ってしまった雨水の逃げ道を確保します。

    今回は仕上げに「ファインパーフェクトベスト」で塗装しました。

    軒天は何らかの配線がそのままになっていましたので、そちらは撤去してから塗装を行いました。

    その他、付帯塗装作業を完了し、最後に点検をして完成です。
     
    今回の外壁塗装と屋根改修工事では大変お世話になりました。

    定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

    施工内容外壁塗装 屋根補修工事 屋根塗装 付帯塗装
    使用材料ファインパーフェクトベスト インディフレッシュセラ
    工事日数14日間
  • 川崎市 外壁塗装 屋根塗装 コーキング打ち替え工事 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    当社のホームページより、外壁リフォームお見積りのご依頼をいただきました。

    A様邸の外壁は、経年での軽微な汚れや各所にクラック(ひび割れ)が見受けられました。

    サイディングボードの外壁は直貼り工法で施工されていましたので、塗料の選定に注意が必要な状態でした。

    クラックが発生している箇所は、強度があり、また動きにも追従出来るパテを使用し補修を行いました。

    サイディングボードの目地部のコーキングに、紫外線劣化や建物の挙動による凝集破断の症状が見らたため、雨水が侵入してしまうことを懸念し、劣化した既存のコーキング材を撤去し、新しくコーキング材を充填して打ち替えを行いました。

    高圧洗浄と外壁補修を終えた後、外壁塗装をします。

    今回はパーフェクトトップ で塗装しました。

    外壁塗装を終え、屋根の工事に入ります。

    屋根には棟板金の結合部のコーキングに劣化が見られました。

    劣化した既存のコーキングを撤去し、新しくコーキング材を打ち替えます。

    釘頭は、コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にもコーキング処理を行いました。

    加えて、屋根材の保護機能が失われ劣化が進んでいる状態でした。

    高圧洗浄で汚れを落とす際に、屋根材表層も剥がれ素地が露出し白くなりました。

    塗料の吸い込みが激しい状態だったので、下塗り材の選定に注意し、しっかり塗布した後にファインパーフェクトベストで塗装を行いました。

    幕板は全体的には著しい劣化はみられませんでしたが、付き合せのコーキングが破断し隙間が発生しています。

    コーキング処理を行った上で、塗装を行いました。

    その他付帯部塗装を終え、最後に点検をして完成です。

    塗装をしないコンクリート床などは高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落としました。

    今回の外壁塗装と屋根塗装工事では大変お世話になりました。

    アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて大変嬉しく思います。

    定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 コーキング打ち替え工事 付帯部塗装
    使用材料パーフェクトトップ パーフェクトベスト
    工事日数17日間
  • 川崎市 外壁塗装 コーキング工事 屋根釘打ちコーキング補修

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    S様邸は、パワーボード(ALC)で、パネル間に全てコーキングが入っており、新築時に現場吹付がされておりました。

    S様はコーキング上の塗膜割れが気になってきたため弊社にお声掛けをしてくださいました。

    コーキング上の塗膜割れではなく一部ではコーキング自体の破断が見られました。

    早速、塗装に入る前に、外壁補修、コーキング工事に入りたいと思います。

    コーキング上の塗膜割れがありましたので、増し打ちを行います。

    空気が入らないように奥までしっかり打ち込み、綺麗に均していきます。

    使用するコーキング剤はサイディング専用の低モジュラス性です。

    テープで補強してあった窓周りのコーキングを打ち替えました。

    既存のコーキングが少しでも残っていると、新しい物へ交換してもすぐに早期破断や剥がれの原因となってしまいます。

    完全に乾く前にマスキングテープを剥がして、完成です。

    コーキング工事が完了したら、まずは外壁全体を高圧洗浄で洗い流し、汚れやカビなどを綺麗に落としていきます。

    洗浄が終わり、しっかりと乾いたことを確認し、まずは下塗り作業から入ります。

    下塗りに使う塗料はパーフェクトサーフです。

    きめが細かいので、上塗りの吸い込みが少なく、仕上がり感にすぐれ、美しい仕上がりが期待できます。

    微弾性機能を有しているので、ヘヤクラックへの追従性があり、防藻・防かび機能も。

    中塗りは、ダイヤモンドコートBS水性を使用し、塗りムラが無いよう、しっかりと膜厚を均一に付けながら塗布します。

    そして最後にダイヤモンドコートGL水性クリヤーにて上塗りを行っていきます。

    ダイヤモンドコートの特長の一つであるUVカットクリヤーコーティングをたっぷり塗布し、紫外線から塗膜を守り、長持ちさせます。

    塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。

    最後に屋根釘打ちコーキング補修では、古く固くなった既存のコーキングを撤去し、新たにコーキングで釘頭を塞ぎます。

    コーキング処理をを行うことにより、この部分からの水の侵入を防ぐことが出来ます。

    これらの作業工程を全て終え、今回の施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 コーキング工事 屋根釘打ちコーキング補修
    使用材料ダイヤモンドコートBSBS水性 パーフェクトサーフ ダイヤモンドコートGL水性クリヤー
    工事日数14日間

川崎市の
施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

川崎市のお客様の声

もっと見る